酸性雨のあらまし

公開日: 

rain

酸性雨とは、向上や自動車などから吐き出される大気汚染物質を取り込んだ酸性度の高いことです。酸性雨が降ると、川や湖、土壌などが酸性化し、建物や文化遺産を侵食します。

酸性雨は、化石燃料の燃焼や向上から吐き出される二酸化硫黄や窒素化合物などが原因となります。これらが雨、雪、もしくは霧などに含まれてしまうのです。

二酸化硫黄は、向上や火力発電などから出る硫黄物を燃焼すると発生します。また、火山の噴煙に混じることもあります。窒素酸化物はゴミなどを焼却したときに出る窒素化合物が参加した物質です。自動車の排気ガスなども該当します。

さらに、大気汚染物質には非メタン炭化水素やメタン、アンモニア、一酸化炭素などもあります。

大気中の酸性アルカリ性の指標は水素イオン濃度が用いられ、酸性度が強いほどpHが低くなる傾向があります。純粋のpHを7とすると、酸性雨のpHは7より低くなります。酸性雨の目安はpH5.6以下となります。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑