ブラック企業にいて給料が低い場合

公開日:  最終更新日:2015/02/14

ブラック企業にはいろいろありますが、中でも多いのが「極端に給料が低い」という例です。フルタイムで働いているのに手取りが15万以下・・・なんて場合はブラック企業の疑いがあります。

そんなときの対抗方法としては、アルバイトをしてお金を貯めることがあります。ブラック企業から転職するためには、ある程度職がない期間をすごすことになります。そんなときに、お金がないと転職活動ができません。

なにより、お金がないことによって身動きする気がなくなるという問題点があります。

なので、まずは短期アルバイトでもいいのでバイトをしてお金をため、まとまったお金を用意して転職に望むといいでしょう。これは一人暮らしの場合はなおさら言えることです。

ブラック企業に勤めていてそもそも疲れている…と感じるかもしれませんが、そのままではずっとズルズル低賃金で働かされてしまいます。そうなるくらいなら、例えば札幌に住んでいるなら「短期アルバイト札幌」などと検索して何か単発でできるアルバイトを探してみましょう。日払いや未経験でもできるバイトがたくさんあるので、まずは転職のための資金をためることが必要です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑