酸性雨が人間に与える被害

公開日: 

湖や森林以外にも、酸性雨は影響を与えてしまいます。酸性雨は川から海に流れ出るため、まず「赤潮」と言われる大量の有害プランクトンが発生します。この赤潮を食べることで、海の生物たちも減少していきます。さらに、人間が汚染された魚を食べてしまうと、さまざまな病気にかかってしまう可能性があるのです。

また、酸性雨の影響をうけた生物は奇形や雌雄同体などの遺伝子異常が起こる可能性も指摘されています。川や地下水などに酸性雨が混ざりこんでしまうと、私たちの飲料水も汚染されていくので悪影響は避けられません。最近では、体に蓄積してアルツハイマー病の原因になるとも言われています。

直接酸性雨を体に浴びた場合は、髪の毛が緑色の偏食したり、目や鼻、のどを刺激してしまい、痛めたり具合を悪くする可能性があります。

さらに、酸性雨は木やコンクリート、大理石などを侵食してしまいます。銅像は酸化によって錆びてしまうでしょう。歴史的建造物への被害も多数確認されています。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑